本文へ移動

フランジガスケット

フランジガスケットとは?

配管継手部であるフランジの間に挟むシートのことです。
主にシール、フランジ面保護の目的で取付られます。基本的にフランジはJIS等の規格で決められているため、
これに沿った規格でガスケットをラインナップしております。

材 質

ノンアスベストジョイントシート、ゴムシート、樹脂シート、膨張黒鉛シート等、シート材であれば全て製作可能ですが
主に使用される材質は以下の通りです。

分 類
メーカー等
主な材質/規格
主な厚み
ノンアスジョイントシート
バルカー
6500, 6500AC, 6502, 6503, 6503AC
0.5, 0.8, 1.0, 1.5, 2.0, 3.0
合成ゴム
ニチアス
1995, 1120, 1993
 0.8, 1.0, 1.5, 2.0, 3.0
その他 ゴム
クリンガー
ML-1, C-4430, C-4400
 0.8, 1.0, 1.5, 2.0, 3.0

NR
天然ゴム
0.8, 1.0, 1.5, 2.0, 3.0

CR
クロロプレンゴム
0.3, 0.5, 0.8, 1.0, 1.5, 2.0, 3.0

NBR
ニトリルゴム
0.3, 0.5, 0.8, 1.0, 1.5, 2.0, 3.0

EPDM
エチレンプロピレンゴム
0.3, 0.5, 0.8, 1.0, 1.5, 2.0, 3.0

VMQ
シリコーンゴム
0.5, 1.0, 1.5, 2.0, 3.0

FKM
フッ素ゴム
0.5, 1.0, 1.5, 2.0, 3.0

PTFE
フッ素樹脂
0.5, 0.8, 1.0, 1.5, 2.0, 3.0


形 状

フランジガスケットには全面形(FF)と背面形【俗に言うボルト手前】(RF)があります。
全面形はフランジ全面を接する形状で、背面形はボルト穴の内側だけが接する形状です。
2022年
05月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
【営業時間】平日 9:00~18:00